« 膀胱炎 | トップページ | 尿漏れ(尿失禁)について① »

2020年3月21日 (土)

関節膀胱炎 尿漏れ改善

昨日は急性(細菌性)膀胱炎について書きました。今日は「間質性膀胱炎」について。

 <間質性膀胱炎の症状>

・抗生物質を1週間飲んでも症状が続く場合(急性膀胱炎なら2,3日抗生物質を飲んでいれば治ります) あるいは 年に5.6回も膀胱炎になる場合 これらは→間質性膀胱炎の初期である可能性が高い。

・頻尿や下腹部の痛みや重さや違和感・残尿感などの症状がでる。

<原因>

はっきりとした原因はまだ解明されていません。ただ!間質性膀胱炎は細菌が引き起こす病気ではないので 抗生物質は効きません

・膀胱が弱くなり 尿の刺激物質などが粘膜の下の組織にまで伝わって 炎症やアレルギー反応を起こしていると考えられます。

 ・粘膜が弱く過敏になり 血の巡りが悪くなると起こります。

<症状改善> 

まずは体を温め ゆっくり休養をとることが必須です。
疲労やストレス あるいはそれから生じる体の冷えは膀胱の過敏性を増しています!生活習慣を見直しましょう。 

食事の改善!
アルコールやカフェイン、とうがらしやキムチなどの刺激物を控えましょう!これらは膀胱を刺激し 体を冷やします。 

膀胱訓練エクササイズ
尿をためて排尿する習慣をつけるために有効です。頻尿や尿漏れなどのトラブルにも効果があります。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 (。・w・。 )「冷えは万病の元」といいますね。気を付けましょう。 

 疲労がたまる前に対処することが 病気にならない秘訣からだのメンテナンスも大事です!   

中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | #中野坂上にある託児所付整体院 | #託児付き整体 東京 http://karadasmile.com

« 膀胱炎 | トップページ | 尿漏れ(尿失禁)について① »

心と体」カテゴリの記事