« 逆子対策 | トップページ | 元気があれば何でも来い! »

2020年2月 7日 (金)

肩に激痛!股関節に激痛!石灰沈着性腱板炎

・石灰沈着性腱板炎の特徴

40~50歳代の女性に多くみられます。

夜間に突然生じる激烈な肩関節や股関節の疼痛で始まる事が多く、痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなります。

  発症後1~4週、強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1~6ヵ月続く亜急性型、運動時痛などが6ヵ月以上続く慢性型があります。

肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩や股関節の疼痛・運動制限です。

四十肩五十肩と似ていますが X線(レントゲン)撮影によって腱板部分に石灰沈着の所見を確認する事によって石灰沈着性腱板炎 を診断します。どこに行けばいいか?といえば→整形外科 へ。(日本整形外科学会より)

しばらくして痛みがとれたら運動療法へ。→筋肉の拘縮予防を当院も担当しています。気軽にご相談ください。

中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com  

« 逆子対策 | トップページ | 元気があれば何でも来い! »

心と体」カテゴリの記事