« 夏の疲れを秋に持ち越さない!9月の体調管理 | トップページ | 貧血と脳貧血 »

2019年9月14日 (土)

朝礼でめまい 脳貧血

朝礼で立っていると めまいがして倒れたりするのはなぜでしょう?

「貧血」なのか?はたまた「脳貧血」なのか?

子どもの頃 朝礼の時 めまいがして気持ちが悪くなり 顔色があおくなって ふらふらになってしまう子がいましたね。
時にはしゃがみこみ、倒れてしまうことも。。。(u_u。)

それは 「酸素と栄養が足りない脳」におこる症状。人によっては、立ち続けていると、体の上半分、特に脳に流れていく血液の量が少なくなってしまう人がいるんです。これは、「起立性調節障害」といい脳貧血をおこしています。

 

<メカニズム>

長時間立ち続けていると体の下半分に血液が集まり、血管はゴム風船のように膨らみ始めます。

すると血管は引きしまっって細くなり 体の下半分に集まった血液を体全体に流そうとします。

しかし ここで 血管の太さをかえる神経の働きが弱いと 血液は体の下半分に集まったままなので 脳まで行き渡らず・・・

脳に酸素や栄養が行かなくなり くらくらして立っていられなくなる訳です。   (u_u。)

 

「起立性調節障害」の原因

それは、不健康な生活習慣。  (;´д`)トホホ…

夜遅く寝て朝寝坊・朝ごはんなし・食べ物の好き嫌い・運動不足。こんな生活を続けていると、血管の太さを調節する神経の働きはどんどん弱まってしまいます。この神経は「自律神経」といい 自分では好きなように調節できない神経です。

自律神経を強くする方法

自律神経は体をよく動かし運動を続けていると だんだん強くなっていきます

毎日20分 少し汗をかくくらいが目安です。それだけでも血の流れはとてもよくなるからです。
毎朝の乾布まさつやお風呂上りの冷水まさつも良い方法です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 続きはまた明日 

(。・ω・)ノ゙ ♪ 強い体をつくるのは 運動栄養休養のバランスなの。大人も子供も無理は禁物よ。

中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com 

 

 






 

 

 

« 夏の疲れを秋に持ち越さない!9月の体調管理 | トップページ | 貧血と脳貧血 »

心と体」カテゴリの記事