« 腱鞘炎をなおしたい | トップページ | 今年もぞうり スタート!です »

2019年6月12日 (水)

梅雨の体調管理 こころとからだを管理するのが大人!

東京も梅雨ですねー。の日は気持ちが憂鬱になってしまう・・・そんな声をよく聞きます。

それには理由があり、<気候によるストレス>なのです。 ι(´Д`υ)アセアセ

 

 「心と身体」が、気圧・温度・湿度の変化に一生懸命順応しようとしますが、負荷がかかることによってストレスが生じています。

 日照時間が短い 

梅雨の時期は、太陽光不足により「体内時計」がくるい、ストレスや気持ちの落ち込みが生じやすくなってます。(メラトニンの分泌のタイミングが遅れたり、過剰になったりするため、睡眠の質が低下してしまうため、心身へ負担がかかる

 日光を浴びることで増える『セロトニン』がダウン。

セロトニン』は、心のバランスを整える働きがある神経伝達物質。日照不足により光の刺激が減るとセロトニンも減り、精神のバランスが崩れやすくなると言われています。

<対策

 梅雨の合間の貴重な晴れの日には、できる限り自然な太陽の光を浴びるようにしましょう。   ヽ(´▽`)/  

 運動不足でセロトニン不足が生じている場合もあります。

雨が降っているからと、極力外出を控えたりすると、身体を動かさない時間が長くなってしまいます。そんな時は、マイナス感情が発生しやすくなるります。 子育て中のママや、高齢の方。意識してくださいね。

「外で歩くこと」・「雨が降ってもできるような、室内での適度な運動」がポイント。大きく身体を動かすと、血液循環や自律神経の働きがよくなるので、心身の不調も軽減されます。

 

φ(・ω・ )メモメモ  人間は動物だから。。。適度な運動 と 太陽の光 が必要なのね。

「身体のケア」をすることは「心のバランスを保つ」ことに繋がります。不調なしの生活・元気がいちばんです。


からだが喜ぶことをしてみましょう。        ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

 

中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com

« 腱鞘炎をなおしたい | トップページ | 今年もぞうり スタート!です »

心と体」カテゴリの記事