« 勉強より大事なもの | トップページ | 喘息と台風 »

2019年6月 5日 (水)

妊娠中のむくみや腰痛

<妊婦のからだについて>

 腰や骨盤が疲れるのはどうして?    

一つはリラキシンというホルモンが出産に備えて 骨盤まわりの筋肉をゆるめるため。
もう一つは妊娠5ヶ月くらいからお腹が大きくなり、腹筋の筋力が衰えるためです。この両方の理由で 徐々にお腹を前にせり出した「反り腰姿勢」(骨盤前傾)になり、そのアンバランスな姿勢で生活していくので 筋肉はヘトヘトになります。

(o・ω・)ノ)) そして アンバランスな姿勢をキープし続けるために 体全体が歪みを起こし その歪みによる腰痛や脚のむくみなどの症状につながってしまうのです

仕事や育児で ゆっくり自分のからだを調整する間がないまま生活していると 筋肉はどんどんアンバランスのまま定着してしまいます。これは 産後の 膝痛 腰痛 脚のムクミや付け根の痛みの原因になるとともに、下半身太りの原因にもなります

 


<対策:妊婦中>
当院では、マタニティー整体をおこない アンバランスな筋肉を調整しています。出産後においでになる マタニティー整体を受けていた多くの患者様より「出産がスムーズだって 産院で褒められた~ 」とお声を頂戴しますまた、むくみ改善にも最適です

 



(。・w・。 )育児は体力勝負!

 からだの調子がいい状態で 育児のスタートができるよう全力サポートしています。慢性的な疲労や肩こりも今のうちから み~んな解消してしまいましょう。妊婦さんも沢山来院しています


中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com

« 勉強より大事なもの | トップページ | 喘息と台風 »

心と体」カテゴリの記事