« 門松を取り付けました! | トップページ | 肩こり 首がまわし辛い »

2018年12月23日 (日)

逆子とカイロプラクティック

妊娠後期の「逆子(さかご)」は全体の3~4%の割合です。 

逆子とは

逆子は頭が上になった状態のことで、骨盤位とも言います。通常おなかの中の赤ちゃんは頭位といって羊水の中で頭を下にした状態なんです妊娠中期の赤ちゃんの位置はまだ定まっておらず、50~70%の赤ちゃんが逆子です。

 

そして、どんどん成長し 妊娠28週頃までに 赤ちゃんは羊水の中で回転し自然に頭位になります。これは、体に比べて赤ちゃんの頭は大きくて重いので、重力によって赤ちゃんの頭は下になるのです。  (o^-^o)

 

妊娠30週以降は赤ちゃんの体が大きくなるため、羊水の中で回転しづらくなり、徐々に位置が定まってきます。3~4%程度が逆子のままのお産になります。 

どうする? 

赤ちゃんが元気で問題無ければ方法はいくつかあります。 

・自分で逆子体操をする
・鍼灸を受ける

(o・ω・)ノ)) それでも逆子が治らなければ・・・ 

 当院においでください。マタニティ整体を得意とする当院は逆子なおしの実績も多くあります。逆子で帝王切開の手術の日にちが決まっていても、諦めずにご相談ください。 

ご自分で逆子体操などをして 腰痛になってからくる妊婦さんもいらっしゃいますが、腰痛になると歩くのも大変なので腰痛などになる前にどうぞ。    

中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com

« 門松を取り付けました! | トップページ | 肩こり 首がまわし辛い »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆子とカイロプラクティック:

« 門松を取り付けました! | トップページ | 肩こり 首がまわし辛い »