« アスペルガー症候群を知る① | トップページ | アスペルガー症候群③ 向き合い方 »

2018年5月31日 (木)

アスペルガー症候群② 人間関係が難しい

(*゚▽゚)ノ 昨日の続きです。

spadeアスペルガー症候群は 広汎性発達障害の一種。広汎性発達障害は生まれながらに脳機能の発達がアンバランスで、そのために 「3つの特性」が現れます。(広汎性発達障害のすべてにこの「3つの特性」があります)

one 社会的相互交渉の障害

・場にあわせるのが苦手
・周りから 空気の読めない人だと思われてしまう 

two コミュニケーションの障害


・友達や上司・周りの人との会話がかみ合わない
・会話がしっかりできているようにみえて 実は言われたことがよくわかっていない 

three 想像力の障害とその結果としてもたらされる常同反復的行動パターン

・想像力が弱く 柔軟な考え方をするのが苦手
・見通しをたてられない。頭の中で先を予測したりできない
・気持ちの切り替えが下手で 予定を急に変えると混乱して活動できなくなる

 

(。・w・。 ) 私が出会ってきたアスペルガー症候群の方々は・・・ 「自分は他の人より劣っているのかなぁ」と劣等感を抱き 今までの職歴を話してくれる事もあります。しばしば 「どうしてうまく生きられないんだろう?」とお話しされます。また、今まで就職した会社であった失敗を 自分では解釈できず 「自分にあった仕事がわからない」とか、「会社の人や友達のグループに入れなかった・なじめなかった」「あの時の相手の気持ちがわからない」と過去の出来事を振り返って話すことも何人かの方からありました。

ん~ん! これは悩みますよね。心身ともに疲れがたまるのも当然。。。本人もご家族も 日々はてなが多くて 大変だったことでしょう。

残念ながら アスペルガー症候群に詳しい医師は多くはいないようです。納得できる医療機関・信頼できる医療機関を地域の保健所や、発達障害者支援センターなどの力もかりながら見つけ 診断してもらうのもいいでしょう。

明日ももう少し続けます。

中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com

 

 

 

 

« アスペルガー症候群を知る① | トップページ | アスペルガー症候群③ 向き合い方 »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591302/66777256

この記事へのトラックバック一覧です: アスペルガー症候群② 人間関係が難しい:

« アスペルガー症候群を知る① | トップページ | アスペルガー症候群③ 向き合い方 »