« ヨガのように | トップページ | 脳梗塞 »

2014年10月28日 (火)

乾燥を防ぐ食べ物

今日はかなり乾燥していましたね。私ののどもカラカラになりました (=´Д`=)ゞ

暖房の季節=空気が乾燥する季節です

(o・ω・)ノ)) この時期は! 肺、呼吸器系・皮膚・うぶげ・鼻・汗腺などが乾燥しやすくなるため、

ウイルスなどの異物に対するバリア機能が弱まり、肌のかさつきや風邪、しつこいせきを引き起こします。

ψ(`∇´)ψ ならばsign01 「食の工夫」で体の乾燥を防ぎましょう

乾燥を防ぐ食べ物

大豆・豆腐・黒豆・クルミ・ごま・ぎんなん・松の実・クコの実・あさり・しじみ・牡蠣・長いも・ゆり根

白きくらげ・いか・豚肉・はちみつ

(。・w・。 )

ご存じの方も多いと思いますが、ぎんなんは肺の働きを強め、せきを鎮める効果があると言われています

ただし、ぎんなんは一度にたくさん食べ過ぎると刺激が強いので注意。大人で10粒、子供で5粒くらいまでに

今日はからだをうるおす中華風スープ。<<長いもとあさりのスープ>>の簡単レシピを紹介しま~す

(材料)2人分

長いも 100g    あさりの水煮缶詰(150g入り) 1缶
春菊 1本(30g)   塩 少々   しょうゆ 大さじ1弱

①長いもは皮をむいて1.5センチ角に切る。あさりは身と缶汁を分ける。汁もとっておく

春菊は長さ3~4センチに切る。 

②あさりの缶汁に水をたして1.5カップにし、鍋に入れて煮立てる。長いもを入れて3分ほど煮、あさりの身を加え、

塩・しょうゆで調味し春菊を入れて火を止める。(調味は缶汁の塩分によって調節してください)

                                             
(o^-^o) 10月も28日!月末仕事で体調を壊さないよう気を付けていきましょう~~!

元気がいちばん☆女性院長の整体院  

中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com
 

 

« ヨガのように | トップページ | 脳梗塞 »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591302/60559026

この記事へのトラックバック一覧です: 乾燥を防ぐ食べ物:

« ヨガのように | トップページ | 脳梗塞 »