« 脚の付け根の痛み | トップページ | 夏休みに 食育 »

2014年7月 2日 (水)

貧血と熱中症予防ごはん

(*゚∀゚)=3  貧血予防に「鉄」ってよく聞きますね。  どうしてでしょう?

「鉄」は血液中の赤い色素「ヘモグロビン」や「ミオグロビン」をつくるのに必要な栄養素。

体中に酸素を運んでいます。そのため、不足すると血液や筋肉への酸素の供給が滞り、、、

疲れやすくなったり (;;;´Д`)ゝ 免疫の働きの低下を招いたりしやすいです。 ヾ(;´Д`A カゼヒイタ~

また、体内に貯蔵されている「鉄」が不足すると、鉄欠乏性貧血をおこしやすいため、

 月経のある女性や  妊婦は 特に 注意が必要です。

「鉄」が豊富な食材は ひじき  あさり  小松菜  がんもどき  納豆  豚や鳥のレバー   (o・ω・)ノ))  イロイロアルネ

(o・ω・)ノ)) それと 

7月に入り日々暑くなる真夏日 熱中症を予防するために塩分をとっておきましょう!

そこに出るのは やはり われらの強い味方の  梅干し   クエン酸は疲労回復も期待できます    

医食同源 (o^-^o) 食べ物はくすりにもなりますから 季節季節の工夫が必要です

今日は こんな季節にぴったりのレシピを紹介。

鉄をとる!塩分もクエン酸もカルシウムもとれる簡単混ぜごはんでーす。

<<ひじきと梅肉の混ぜご飯>>

(材料)

・乾燥ひじき   大さじ2強(10g)      ・温かいごはん   300g(2杯ぶん)

・梅干し   1個                 ・だし   カップ1/4
 ・しょうゆ・みりん   各小さじ1        ・しらす干し   25g

①ひじきはたっぷりの水につけて戻し、水けをきり、食べやすい大きさに切る。

②鍋にひじき、梅干し、だし、しょうゆ、みりんをいれて、中火にかけ、汁けがなくなるまで煮る。

③ごはんに、②としらす干しを加えて混ぜ、器に盛る。

簡単ですね~  お茶漬け風にしてもおいしいです 元気がいちばん!

      中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com

« 脚の付け根の痛み | トップページ | 夏休みに 食育 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧血と熱中症予防ごはん:

« 脚の付け根の痛み | トップページ | 夏休みに 食育 »