« らっ京の季節がきました | トップページ | ディズニーシー »

2013年6月 2日 (日)

今日は梅ジュース作り

昨日 らっ京を買いに行くと・・・九州のいい「青梅」も売っていたので 思い切って梅ジュースもつくりました。

らっ京のつくり方は昨日書いたので、今日は<クエン酸たっぷり梅ジュースのつくり方>です。

梅酒や梅ジュースを作る時の梅は「青梅」を買います。

青梅には・・・”ムメフラール”という成分がふくまれていて 血流改善作用があることで有名です。

血液が汚れているかも・・・と思う方にはおすすめ。  Σ(;・∀・)    

その他にも 梅を食べれば医者いらずと言われる 梅には ”天然クエン酸”の作用があります。

”天然クエン酸”の効果は

 基礎代謝を促進し、糖・脂肪の燃焼効果を高める
 疲労物質の乳酸を減らし、疲労軽減する
 腸内環境を劇的に改善し、善玉菌を増やす     

良いことづくめの梅に 酢も加えてさらにパワーアップさせてみます。


<梅と酢の疲労物質撤退ジュース>

(材料)

青梅 1キロ /  酢 450ml /  ハチミツ  600g

(作り方)   

 青梅を洗ってよ~く干す(一晩置いたりするといい)

 爪楊枝で青梅のへたをとる

 梅に何箇所か竹串を刺す (エキスが出やすくなる)    (*^-^) 多ければ多いほどいいよ

 煮沸処理し乾いたビンに ②と酢とはちみつを入れる (実の痛んでいるところは包丁でとる)
 
 
 1日に1回~3回くらい瓶を振って、中を混ぜる (菜箸でぐるぐるまぜてもいい)
 

 梅がしわしわになり、浮いてきたら完成    3週間くらいで出来上がりです。

   水や炭酸水で割って飲んでください。   

             (◎´∀`)ノ  疲労回復  を感じる絶品に出会えるはずです。

« らっ京の季節がきました | トップページ | ディズニーシー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は梅ジュース作り:

« らっ京の季節がきました | トップページ | ディズニーシー »