« 鮭 | トップページ | お花 »

2013年2月11日 (月)

塩麹

今日は3連休最後の日。晴れてよかったですね。

患者さんから立派な塩麹を頂戴しました。    
体にいいと流行ってるのは知ってましたが。。。みなさんはどんな使い方をしていますか?

私が認識していたのは発酵食品だということ。
本を読むと・・・。塩麹をつかうことで減塩効果が得られると。これはいいです。       ☆ー(゚▽゚*)
「塩の代わりに塩麹を。生でとると健康効果がアップ!と書いてありました。

「発酵食品」。
みそやしょうゆ、酢といった日本の調味料、、、昔からの製法を守ったそれらは発酵食品の仲間です。
それらに含まれる栄養や酵素には、それぞれ異なる健康効果があり、組み合わせてとることで相乗効果が生じます。

相乗効果を狙って、是非、からだのために続けていきたい食習慣ですね。発酵食品の特性を生かした「生でつかう塩麹の食べ方」を今日は紹介していきます。

①ゆで卵にかける

②野菜の浅漬けをつくる。(塩もみでなく塩麹もみで一晩つける)

③冷奴にかける(しょうゆのかわりに塩麹とゴマ油で味つけ)

④納豆にまぜる(しょうゆのかわりに塩麹)

⑤とろろにまぜる(しょうゆのかわりに塩麹)

⑥青菜のゴマ和えにする。(青菜をゆでてゴマと塩麹で味付けする)

m9(^Д^)プギャー 相乗効果。簡単ですね~。
みそ汁でみそを使い、刺身でしょうゆ、納豆に塩麹、もずくで酢の物。食後に豆乳でつくったヨーグルト!!!完璧です☆

☆昔の人は食べ物がからだをつくるといつも感じていました。くすりが手に入らなかった時は食べ物がくすりでした。
昔の人はさまざまな発酵食品を調味料として日々の食事に取り入れ、自然に家族のからだを守っていたんですね。
身に付けたいステキな習慣です。

(o・ω・)ノ))  ちなみに「麹」と「糀」。両方とも「こうじ」と読みます。
中国では麦を使って発酵させるから「麹」。日本では米を使うことが多いため「糀」という新しい字が日本で作られました。つくりに「花」を当てたのは、発酵した米が花のように広がる様子を表したといわれています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°

     中野坂上整体院 | からだスマイルカイロプラクティック | 中野坂上にある託児所付整体院 http://karadasmile.com

« 鮭 | トップページ | お花 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩麹:

« 鮭 | トップページ | お花 »